今や超入手困難な『羅臼ほっけ』をネット通販で購入できる北海道グルメサイト ベスト3
スポンサーリンク

羅臼ほっけの美味さの秘密と極上ホッケの見分け方

美味しいほっけの開きは色がきれい。これ目利きの鉄則
ほんのりとピンク色ががった身の両側、ちょうど背と腹に位置する部分に、白くびっしり見えるのがほっけの脂です。さらに写真では見えませんが、身の裏側、皮ざかいにもたっぷりと脂が乗っています。「これぞ羅臼産!」と言えるくらい脂の乗りのよいほっけは、全体のわずか数パーセントと言われ るくらい希少なものなのです。

このような脂の乗った極上の羅臼ほっけを見分けるには3つのポイントがあります。1つ目は「背中の部分が肉厚でふっくらとした丸みがあること」 逆三角形のような鋭い形ではなく、団扇のように緩やかな丸みがあることです。2つ目は身の面が干せていながら綺麗な肌色であること。干せからびてくすんだ茶色ではいけません。最後3点目は「下腹部の皮が赤茶(オレン ジ)に色付いていること」 実はこの特徴には、婚姻色、食べ物の違い、網に掛かった魚がもがくことでうっ血するから、など諸説あるのですが、それでもこの道50年以上の加工職人が、その味に太鼓判を押す理由は「この色の羅臼ほっけに脂の乗っていないものはないから」だそうです。

羅臼のほっけがなぜ美味しいのか?その理由は諸説あるのですが、代表的なものを2つあげると、 世界遺産「知床」の豊かな雨水が海に流れ込み良質なプランクトンを育むからと言うことと、沖合 わずか数キロという短い距離で、水深が1千メートルも変化する起伏に富んだ羅臼の海底の地形にあると言われています。

ひとたび箸を当てれば、肉厚なみずみずしいホッケの身からあふれ出た水分と脂が絡み合い、滝に様にワッと流れ出る旨みをたっぷり含んだジューシーな肉汁の秘密はそんなところにあったのですね。

(※完売のため商品掲載が終了している店舗もございますのでご了承願います。)

豊富な商品に丁寧な商品説明。システムも簡単でネット通販初心者から通販に慣れている人にも満足できるサイトです。そんな実力サイトの勧める羅臼ほっけは干し上がり重量440gの超大物。家族4人で食べても食べ応え十分というその大きな羅臼ほっけは、焼けばジュッジュッと鳴きながら焼けるんだとか。笑 こんな大物ホッケの仕入れができるその仕入力に羅臼ほっけネット販売ベストバイランキング第1位を授与します。

おすすめ度 [star4.5]
販売状況 常時羅臼産の販売あり。欠品の場合は再入荷あり。
商品の品揃え 北海道のグルメ商品はひと通り網羅。初心者にもおすすめ。
総評 Amazonや楽天に慣れた方なら違和感なく利用できるTHEネット通販

商品詳細ページ
公式ページ

北海道の特産品通販の礎を築いたと言って過言ではない名店。細やかな心配りと丁寧な梱包は群を抜いた存在です。掲載商品の隅々まで仕入れや加工の目が行き届いており、ここでの買物は銀座のデパートでの買物以上だと一度お付き合いするとリピーターとして離れられないと言うほど。そんな老舗の扱うホッケは焼けば魚焼きグリルに火移りしてしまうような脂のり。骨まで食べられると評判です。

おすすめ度 [star4.0]
販売状況 羅臼産の入荷がない場合は、北海道産・特大ほっけの販売あり。
商品の品揃え 地物にこだわった食材が並ぶ。プライスはお高めだが確かな味
総評 食材の質は文句なく北海道最上級。グルメサイトとしても日本屈指。

商品詳細ページ
公式ページ

水産会社直営の確かな品質。300種類以上の商品力もさることながら、観光客が多数立ち寄る網走管内有数の観光直売所も経営しており、オホーツク観光に出掛けたことのあるならお土産をこの店で買ったことのある方も多いはず。網走で40年商売を続けてきた老舗が目利きするホッケは「醤油も跳ねる驚きの脂のり!」が自慢。数多くのお客様の声があるから、安心・納得してお買い物できるので安心です。
おすすめ度 [star3.5]
販売状況 羅臼産欠品の場合は、知床産根ぼっけの販売あり。
商品の品揃え セット商品が豊富。予算に応じてお買い物ができて便利。
総評 オホーツクという土地柄、北海道グルメでも商品の地域性が豊か。

商品詳細ページ
公式ページ

まとめとおまけ

せっかく美味しい羅臼ほっけを手に入れても、焼き方ひとつで台無しになってしまうこともあります。そうならないために最後に羅臼ほっけの焼き方のポイントをお教えします。

このほっけを本当に美味しく食べるのためには、決して慌てず に『遠火の弱火』をキーワードに、羅臼の大自然が育んだ極上ほっけに感謝して、じっくり丁寧に焼いてください。魚を焼くときの鉄則は“川は皮から海は身から”の言葉通り、身の部分から焼いてください。焼き色は写真を参考に、程よく色づいたら今度は裏かえして皮目を焼きます。肉厚なほっけは、この身→皮の順番でじっくり火を通してあげることで、骨まわりや皮ざかいの脂が、フタになって身の水分を守り蒸し焼き状態になります。

大きすぎてグリルに入らないという方は、頭と尾びれを落とし2等分、もしくは4等分くらいで焼くといいでしょう。出来るだけ大きな切り身で焼くことが、美味しく焼き上げる秘訣です。

スポンサーリンク
おすすめの記事