カイテキオリゴと食べ合わせ効果抜群!相性のいい食べ物ベスト5
スポンサーリンク

以前書いた”【保存版】カイテキオリゴと一緒に食べると効果の高い食品ランキングTOP5”の続編です。腸内の善玉菌を刺激する動物性・植物性乳酸菌を中心にポピュラーな食材で構成した前回のランキングでしたが、こんな食品もカイテキオリゴと相性がいいの!?という意外な食品を紹介します。

第5位 日本酒

実は日本酒も便秘には効果的な発酵食品です。ご存じの日本酒は通り米と米麹から作られており、出荷前に加熱殺菌しない純米生酒などは瓶の中で麹菌が生きています。お酒の強い方は晩酌の時にカイテキオリゴを混ぜてみて下さい。体質による合う合わないはありますが、カイテキオリゴの甘さがお酒の味を変えることもなく、翌日が楽しみな新しい発見につながるかも知れませんよ。

第4位 甘酒

これはお試しの方はまだ少ないかも知れませんが、ピタッと身体の相性がはまる人には驚くほど効果のある食べ合わせです。もともと甘酒は「飲む点滴」とも言われる栄養豊富なのは有名なおはなし。麹の持つ各種ビタミンや食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸などが含まれており身体への吸収がとてもよく、しかも温かな甘酒は腸も温めてくれるので理想的なお腹に優しい飲み物です。

第3位 大根おろし

大根おろし煮混ぜて食べるのはつい最近までノーマークでした。大根にはアミラーゼなどのデンプンをとうに分解する消化酵素が含まれていますが、大根おろしを御飯と一緒に食べることでお米の糖の消化を促して便秘の原因を防ぐとともに、食物と一緒にオリゴ糖を腸に運ぶ効果もあるため、食事のたびに便秘が気になる方にはとても効果的です。

第2位 にんじんジュース

健康効果が高いと言われる青汁や野菜ジュースの中でもにんじんジュースはちょっと別格です。にんじんには身体を温める効能があるほか、豊富な食物繊維が含まれていること、乳酸菌発育因子を持っているためそれだけでも整腸作用がとても高いのです。そこにカイテキオリゴが加わることで、腸内環境の改善効果はとても高まります。おすすめは朝一番に飲むことです。きっとデトックス効果に驚かれると思います。

第1位 おかゆ

便秘解消に驚きの効果を生むのがおかゆです。妻と私は週末の3食をおかゆに置き換えてデトックスしています。炊飯器で作れる五分がゆにオリゴ糖を混ぜて食べるだけ。味付けは梅干しや佃煮などお好みのものでOK。たまごがゆでも大丈夫です。ただし食べるのはこのおかゆだけ。おかずは一切ありません。消化のいいおかゆだけを食べることで胃腸の負担を軽くして、スムーズな流れを作ってあげることがポイントです。おかゆとカイテキオリゴの組み合わせを体験すると毎週でデトックスしたくなること請け合いです。

まとめ

前回の”【保存版】カイテキオリゴと一緒に食べると効果の高い食品ランキングTOP5”との違いはどうでしたか?意外な食べ物が多くて驚くとともに、試したことのない食材だと「もしかしてこれなら効くかも」と自信を持っていただけたかも知れませんね。

悩み解消のためにはアンテナを高く、常にもっといい情報はないかと探す気持ちが大切です。困っているのはあなた、悩みを解決して嬉しいのもあなた。すべての努力はきっとあなたのために帰ってきます。

スポンサーリンク
おすすめの記事